このページの本文へ

デジオンに業務提携し、音楽市場に本格参入

サイバーリンク、マルチトラック/サウンド編集ソフト『DigiOnSound5 Express Vista』を発売

2007年03月23日 23時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイバーリンク トランスデジタル(株)は22日、(株)デジオンが開発する音楽作成/編集ソフトウェア製品の販売を継承することで基本合意し、第1弾としてマルチトラック/サウンド編集ソフト『DigiOnSound5 Express Vista』を30日に発売すると発表した。3000本限定で発売し、価格は7980円。クロスアップグレード版『DigiOnSound5 Express Vista クロスアップグレード版』も発売する。価格は6090円。直販サイト“トランスデジタルストア”では、同日付けでダウンロード版とクロスアップグレード版の先行販売を開始する。価格はダウンロード版が7140円、クロスアップグレード版が5460円。

『DigiOnSound5 Express Vista』
サウンド編集イメージ エフェクト表示イメージ
サウンド編集イメージエフェクト表示イメージ
製品パッケージ
製品パッケージ

『DigiOnSound5 Express Vista』は、Windows Vistaに対応したマルチトラック/サウンド編集ソフト。複数の曲/音声データを合成し、最大6トラックの同時編集が行なえるほか、ディスクの傷などで発生する“クラックルノイズ”やカセットの無音部分で聴こえる“ヒスノイズ”、電源に含まれる“ハムノイズ”を除去できる“パターン解析機能”を搭載しているのが特徴。エフェクトは34種類用意されており、エフェクトが文字とアイコンで表示されるため直感的に機能選択が行なえる。音楽データの変換時のエンコード速度は“高速(速度優先)”“標準”“高品質(品質優先)”の3段階から選択でき、ID3タグの編集も行なえる。ステレオの左右チャンネルを解析して、ボーカルサウンドからカラオケ用サウンドを作成できる“ボーカルキャンセラー”にも対応している。

対応サウンド形式は、MP3/mp3PRO/WMA9/WAVE/AIFF/AU/RAW/CD-DA/Ogg Vorbis/DGS(DigiOnSound Format)/DSS/msv/dvf。対応ビデオ形式は、AVI/DV/AVI(Type 1/2)。

対応OSはWindows Vista(32ビット版)/XP SP2/2000 Professional(SP4)。対応機種はIntel Pentium III-800MHz以上(Windows Vistaでは1.0GHz以上)、メモリーを192MB以上(Windows Vistaでは512MB以上)を搭載したPC/AT互換機。

デジオンからサイバーリンクに継承される主な製品は、マルチトラックサウンド編集ソフト『DigiOnSound5』、『DigiOnSound5 Express』、マルチメディアホームネットワークソフト『DiXiM2』、音楽ライブラリーCD/DVD作成ソフト『DigiOnAudio2』、『DigiOnAudio2 Professional』、携帯ゲーム機用MP3作成ソフト『MusicWalkin』の6製品。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン