このページの本文へ

au、メインディスプレーに有機ELを採用した『MEDIA SKIN』を23日に発売

2007年03月20日 19時25分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)および沖縄セルラー電話(株)は20日、au携帯電話機『MEDIA SKIN(メディアスキン)』を今月23日に全国一斉発売すると発表した。26万色表示のQVGA有機ELパネルをメインディスプレーとして搭載し、特別な塗料と表面処理で独自の触感を実現した“au design project”の第6弾モデルとなる。

MEDIA SKIN 『MEDIA SKIN』。左から“オレンジ”“ブラック”“ホワイト”

MEDIA SKINのデザインは、デザイナーの吉岡徳仁氏によるもの。ストレートタイプのボディーをベースに、キーボードの部分をフリップで隠すことができる。auによればメインディスプレーにQVGA(240×320ドット)・26万色表示の有機ELパネルを採用する携帯電話機は世界初だという(3月20日現在、同社調べ)。液晶パネルよりも高いコントラスト、高い色再現性、広視野角表示が特徴とのこと。

表面処理もカラーによって異なっており、オレンジとホワイトはファンデーションに利用されるシリコン粒子でさらっと、ブラックは特殊ウレタン粒子を含み、しっとりとさせている。機能の面でも“ワンセグ”“おサイフケータイ”“PCサイトビューアー”などを搭載するなど、高機能タイプとなっている。

本体のスペックは、メインディスプレーに約2.4インチ(240×30ドット)有機ELパネルを採用、有効約131万画素カメラを搭載する。連続通話時間は210分、連続待受時間は約260時間。本体サイズは幅50×厚さ13.1×高さ110mm、重さは約104g。カラーは“オレンジ”“ブラック”“ホワイト”の3色。

このほか、同社から新カラーの候補をネット上の投票で決定するとの発表もされた。候補は5色で、その中から最も人気があったものを製品化するという。投票の受け付けは23日から4月19日まで。

さらに、EZweb内の直販サイト“auショッピングモール”では、吉岡徳仁氏とイタリアのブランド“Valextra”のコラボレーションによる専用キャリングケースも発売する。3月下旬に受注を受け付け、4月下旬に発送を開始するという。価格は3万7800円。auショッピングモールへのアクセス方法は、“EZトップメニュー→ショッピング&オークション→auショッピングモール”と操作すればアクセスできる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン