このページの本文へ

露出制御を行なう“顔検出逆光補正機能”を搭載

オリンパスイメージング、光学5倍ズームレンズ搭載デジカメ『μ 780』を発売

2007年03月20日 17時07分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オリンパスイメージング(株)は20日、光学5倍ズームレンズとCCDシフト方式の手ぶれ機能を搭載したデジタルカメラ『μ(ミュー) 780』を4月20日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は4万円台半ば。

『μ 780』
フロント部 背面部
フロント部背面部

『μ 780』は、2006年8月に発表した生活防水デジタルカメラ『μ 750』の後継機種。35mmカメラ換算で36~180mm相当(f=6.4~32.0mm/F3.3~5.0)の光学5倍ズームレンズやCCDシフト方式の手ぶれ補正機能などの従来からの機能に加え、顔を検知してピントを合わせると同時に、部分ごとに適正な露出制御を行なう独自技術“シャドー・アジャストメント・テクノロジー”によるAF/AE機能“顔検出逆光補正機能”を搭載しているのが特徴。液晶ディスプレー上に表示されるズーム倍率/明るさ/色合い/測光方式/動画のなめらかさなどの項目を選択し、液晶ディスプレー上に表示される好みのサンプル画像を選択すれば、イメージ通りの撮影が行なえるという機能“パーフェクトショットプレビュー”も搭載している。最新の画像処理エンジン“TruePic III(トゥルーピックスリー)”を搭載し、ISO感度は最大1600まで対応。液晶ディスプレーは視野角が上下左右170度の2.5インチTFTカラー液晶パネル“ハイパークリスタル液晶”を採用している。画素数は約23万画素。編集機能として、赤目補正/明るさ調整/フレーム合成/カレンダー作成などが利用できる。

CCDは1/2.33インチの710万画素を搭載する。記録画素数は、静止画が最大3072×2304画素(JPEG/Exif 2.2/DCF/DPOF対応)、動画が最大640×480画素/毎秒30フレーム(Motion JPEG/AVI)。電源はリチウムイオン充電池(LI-42B)を利用し、約250枚の撮影が可能(CIPA規格)。インターフェースはUSBで、AV出力端子(NTSC/PAL)も装備している。対応OSはWindows Vista/XP/2000 Professional/Me/98 SE、Mac OS 9.0~9.2、Mac OS X 10.1~10.4。

“プレミアムシルバー” “ディープブルー” “モカブラウン”
“プレミアムシルバー”“ディープブルー”“モカブラウン”

本体サイズは幅99.6×奥行き24×高さ55.1mm、重量が125g。生活防水にも対応している(JIS保護等級4相当、非動作時)。カラーバリエーションとして、“プレミアムシルバー”、“ディープブルー”、“モカブラウン”の3色が用意される。

同社では、オプションで防水プロテクター『PT-039』の発売も6月に予定している。価格は未定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン