このページの本文へ

運用管理ソフト「WebSAM」をバージョンアップ 全体統制を可能にするためにシンプルさを追及

2007年03月19日 19時01分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3月19日、NECは統合運用管理ミドルウェア「WebSAM Ver.7」を発表、同時に発売を開始した。従来からのWebSAMフレームワークを強化し、企業の全体陶製に対応するとともに、シンプルな使い勝手を実現したという。

「ITシステムを取り巻く環境は大きく変化し、どんどんと複雑化している。個々のサーバやネットワークだけでなく、ITシステム全体を統制するフレームワークが必要。バージョンアップにあたっては、全体統制を可能にするために、シンプルさをキーワードに全体の再体系化を行なった」

 NEC 第1システムソフトウェア事業部長の池田治巳氏は発表会の席上でこのように語った。従来の個別システムを個々に最適化するITシステムの運用管理では限界があり、これからは「可視化」「判断」「改善」という企業のライフサイクルマネジメントを含む形でのシステム全体視点での統制が必要になると指摘。同時に全体管理のために、対応領域が拡大するために、実際の運用管理は「運用管理の原点に戻って、シンプルさを追求した」(池田氏)という。

NEC 第1システムソフトウェア事業部長の池田治巳氏
NEC 第1システムソフトウェア事業部長の池田治巳氏

 今回のバージョンアップのポイントは「さまざまな機能を1つの画面で管理運用する統合GUIの実装」「システム運用ノウハウの集めた“ナレッジ”の提供」「“ナレッジ”と設定テンプレートを元にした全体リソース最適化機能」など。また、UnicodeやWindows Vistaなど新たなIT環境への対応も行なっている。前バージョンから採用されたWebSAMフレームワークの強化も図られ、小規模オフィスから大規模な分散環境まで対応。さらに機能のコンポーネント化によって、企業の要求にあわせて柔軟なシステムが可能になったという。

人間工学に基づき、ミスの少ない操作性を実現した統合コンソール
人間工学に基づき、ミスの少ない操作性を実現した統合コンソール

 価格と出荷時期は、統合運用管理「WebSAM MCOperations」が478万12000円で4月18日出荷、サーバ管理「WebSAM SystemManager」が78万7100円で4月18日出荷、「WebSAM ApplicationNavigator」が62万7600円で5月の出荷となっている。

新しく体系化されたWebSAM製品群
新しく体系化されたWebSAM製品群

「従来の顧客だけでなく、中小企業向け『WebSAMオフィス』の機能を強化・拡充して、SMBにも積極的に販売する。今後3年間の出荷目標としては、大企業向けに1万システム、中小企業向けで2万システムを考えている」(池田氏)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ