このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

“ウィルコムFAN”1周年記念

PDA・スマートフォンでは過去最大規模の“W-ZERO3ソフトウェアコンテスト”の大賞が決定!

2007年03月16日 21時29分更新

文● 佐藤英一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2005年12月に(株)ウィルコムより『W-ZERO3(WS003SH)』が発売されてから遅れること3ヵ月、W-ZERO3ユーザーのための活用情報を提供するファンサイトとして2006年3月にスタートした“ウィルコムFAN”(http://www.willcom-fan.com/wzero3/)は1周年を迎えた。


それに合わせて、約5ヵ月の応募期間を持って実施されてきた“W-ZERO3ソフトウェアコンテスト”の審査結果が発表されたので、ここではウィルコムFANについてと、コンテストの結果概要をまとめて紹介していく。

初心者からマニアまで幅広いユーザーためのファンサイト

ウィルコムFAN 2006年3月15日にスタートし、1周年を迎えた“ウィルコムFAN”。W-ZERO3やWindows Mobileは初めてという方からスマートフォン好きのマニアな方まで、ビジネスやプライベートで活用できる“使える”“遊べる”情報を提供している

携帯電話の高機能化に伴ってPDA市場が衰退するなか、それに待ったをかけたのが“W-ZERO3”であることは疑う余地はないだろう。ウィルコムの予想をも大きく超える大ヒットとなったW-ZERO3は、2006年7月に発売された『W-ZERO3[es](WS007SH)』をラインナップに加え、単にPDAやスマートフォン好きに止まらず、さらにユーザー層を拡大しつつある。

W-ZERO3ヒットの刺激を受け、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモやソフトバンクモバイル(株)がhTc Nippon(株)製のスマートフォン『hTc Z』『SoftBank X01HT』を発売したほか、通話機能は搭載しないがイー・モバイル(株)が『EM・ONE』で新規参入するなど、にわかにスマートフォン市場は活況を呈しつつある。ウィルコムが、市場を牽引した役割は極めて大きいと言えるだろう。

EM・ONE 今月31日に発売予定のHSDPA通信対応端末『EM・ONE』

さて、おさらいはこのぐらいにして、1周年を迎えたウィルコムFANを紹介していく。市場の先導役であるW-ZERO3で、Windows Mobileは初めてというPDA初心者や女性層も獲得してきた。そこでウィルコムFANでは、スマートフォン好きのマニアだけでなく、まったく初めての方も含む幅広いユーザーを対象に、ビジネスやプライベートのさまざまなシーンでW-ZERO3を活用するための“使える”“遊べる”情報を提供している。

特にほかの携帯電話機との大きな違いである、ユーザーがソフトウェアを導入することで端末の機能を好みに拡張、カスタマイズできるという点を踏まえ、ウィルコムFANではソフトレビュー記事を充実させている。

ソフトレビュー記事(2007年3月13日現在)

ジャンル(本数)
ビジネス(20本)
ユーティリティー(48本)
インターネット(17本)
マルチメディア(12本)
ゲーム(7本)
合計 104本
ソフトレビュー ウィルコムFANでは、 100本を超えるソフトレビューが登録されており、ニーズにぴったり合ったソフトをすぐに探して活用できる。レビュー記事は、ライター陣が画面ハードコピーや図版などを交えながら、ていねいに解説している

このようにウィルコムFANに来れば、W-ZERO3やWindows Mobileのソフトを探して、すぐに活用することができる。加えて、最新情報を網羅した特集記事や用語集、FAQなども充実している。W-ZERO3やhTcなどのWindows Mobileユーザーであれば、まずは一度アクセスしてみてほしい。

それでは次ページで、今月14日に行なわれた“W-ZERO3ソフトウェアコンテスト”審査結果発表の模様をお伝えしていく。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン