このページの本文へ

インテル、TDP 50Wのサーバー向けクアッドコアCPU『クアッドコア インテル Xeon プロセッサー L5320』などを発表

2007年03月13日 21時00分更新

文● 編集部 小西利明

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

インテル(株)は13日、サーバー向けのクアッドコアCPU新製品として、『クアッドコア インテル Xeon プロセッサー L5320、L5310』を発表した。デュアルプロセッサー搭載サーバー向けで、既存のクアッドコアXeonに対して、35~60%の消費電力の削減を実現しているという。量産出荷は本日より開始している。

低消費電力化された新しいクアッドコアXeon L5230/L5310は、駆動電圧と動作周波数を下げることで、低消費電力化を実現しているのが特徴である。既存のクアッドコアXeonと比較した場合、クアッドコアXeon E5320-1.86GHzがTDP 80W(最大駆動電圧1.5V)であったのに対し、L5320-1.86GHzはTDP 50W(同1.25V)となっている。同社ではこのCPUを、高密度なサーバーシステムやブレードサーバーなど、冷却コストが重視される環境向けとしている。

動作周波数等と価格(1000個受注時の1個あたり価格)は以下のとおり。

クアッドコア インテル Xeon プロセッサー L5320
動作周波数:1.86GHz、システムバス(FSB)周波数:1066MHz、2次キャッシュ容量:8MB、TDP 50W、価格:6万2300円
クアッドコア インテル Xeon プロセッサー L5310
動作周波数:1.60GHz、システムバス(FSB)周波数:1066MHz、2次キャッシュ容量:8MB、TDP 50W、価格:5万4600円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン