このページの本文へ

8GBモデルの新色とドッキングスピーカーも

クリエイティブメディア、ポータブルメディアプレーヤーの60GBスリムモデルを発売

2007年03月12日 23時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は12日、ポータブメディアプレーヤー“ZEN VISION:M”と“ZEN VISION:W”の新製品として、約15%スリムにした『CREATIVE ZEN VISION:M(クリエイティブ ゼン ビジョン:エム) 60GB スリムモデル』と、『CREATIVE ZEN VISION W(クリエイティブ ゼン ビジョン ダブリュ) 60GB スリムモデル』を3月中旬に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“クリエイティブストア”では『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB スリムモデル』が3万4800円、『CREATIVE ZEN VISION W 60GB スリムモデル』が4万4800円で販売される。

併せて、8GBモデルのポータブルメディアプレーヤー『CREATIVE ZEN V PLUS 8GB』のカラーバリエーションモデルとして、ブラック/レッド(ZN-VP8G-BR)、“ZEN VISION:M”/“ZEN V PLUS/V”用のドッキングスピーカー『CREATIVE PlayDock Z500』を3月下旬に発売すると発表した。

ブラック(ZN-VM60GS-BK) ホワイト(ZN-VM60GS-WT) 左が『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB スリムモデル』、右が『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB』
ブラック(ZN-VM60GS-BK)ホワイト(ZN-VM60GS-WT)左が『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB スリムモデル』、右が『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB』

『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB スリムモデル』(ZN-VM60GS-BK/WT)は、2006年9月に発表したポータブルメディアプレーヤー『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB』の奥行きを15%薄くしたスリムボディーを採用したモデル。機能は『CREATIVE ZEN VISION:M 60GB』と同等で、USBを利用してパソコンなしで動画/音楽データを転送できるUSBホスト機能、解像度が320×240画素の液晶ディスプレーやFMチューナーなどを搭載する。

電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで、最大約5時間の動画再生、最大約16時間の音楽再生などが可能。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応する。本体サイズは幅62×奥行き19×高さ104mm、重量は約170g(内蔵バッテリー込み)。

対応OSはWindows XP SP1以降、Windows XP x64 Editionで、メディアプレーヤーとしてWindows Media Player 10が必要。対応機種はPentium III-1GHz以上を搭載したPC/AT互換機。本体カラーには、ブラック(ZN-VM60GS-BK)、ホワイト(ZN-VM60GS-WT)をラインアップする。

『CREATIVE ZEN VISION W 60GB スリムモデル』 『CREATIVE ZEN VISION W 60GB スリムモデル』

『CREATIVE ZEN VISION W 60GB スリムモデル』(ZN-VW60GS-BK)は、2006年9月に発表したポータブルメディアプレーヤー『CREATIVE ZEN VISION:W 60GB』の奥行きを15%薄くしたスリムボディーを採用したモデル。機能は『CREATIVE ZEN VISION:W 60GB』と同等で、16:9の4.3インチワイド液晶ディスプレー(480×272画素/26万2144色表示)を搭載し、FMチューナーを内蔵。MP3、WMA、WAV、MPEG-1/-2/-4、Motion JPEG、JPEGの再生が可能。CF(Type I/II)を直接接続でき、フォトストレージ/フォトビューワーとしても利用できる。

電源は交換可能な内蔵リチウムイオンバッテリーで、最大約4.5時間の動画再生、最大約13時間の音楽再生などが可能。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応する。本体サイズは幅134×奥行き22×高さ75mm、重量は約280g。

対応OSはWindows XP SP1以降、Windows XP x64 Editionで、メディアプレーヤーとしてWindows Media Player 10が必要。対応機種はPentium III-1GHz以上を搭載したPC/AT互換機。

『CREATIVE ZEN V PLUS 8GBモデル』(ZN-VP8G-BR) 『CREATIVE ZEN V PLUS 8GBモデル』(ZN-VP8G-BR)

『CREATIVE ZEN V PLUS 8GBモデル』(ZN-VP8G-BR)は、2006年12月に発表されたポータブルメディアプレーヤー『CREATIVE ZEN V PLUS 8GBモデル』のカラーバリエーションモデル。機能は『CREATIVE ZEN V PLUS 8GBモデル』と同等で、1.5インチ有機ELディスプレー(128×128画素)を搭載し、音楽再生/静止画表示/動画再生が行なえる。内蔵マイク/ライン入力からの録音機能や、FMチューナーも搭載している。対応再生形式は、動画がAVI、音楽がMP3(最大320kbps、VBR対応)/WMA(最大320kbps、DRM対応)/WAV(16bit/48kHz)、静止画がJPEG(3072×2304画素以内)。ナップスタージャパン(株)の定額制音楽配信サービス“Napster To Go”など、Windows Media DRM 10対応のサービスなどのサービスにも対応する。静止画の拡大表示およびBGM付きスライドショー再生も可能。

インターフェースは、USB 2.0/1.1。電源は内蔵リチウムイオンバッテリー(交換不可)で、約15時間の音楽再生、約2時間の動画再生が可能。充電はUSBバスパワーを利用する。本体サイズは幅43.5×奥行き15.9×高さ67.5mm、重量は約43.5g(内蔵バッテリーを含む)。本体カラーはブラックとブルーの2種類。

対応OSは、Windows XP SP1以降、Windows XP x64 Editionで、メディアプレーヤーとしてWindows Media Player 10が必要。対応機種は、Pentium III-1GHz以上のCPUと256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。価格はオープン。クリエイティブストアでは2万4800円で販売される。

『CREATIVE PlayDock Z500』 『CREATIVE PlayDock Z500』

『CREATIVE PlayDock Z500』(PL-Z500)は、“ZEN VISION:M”/“ZEN V PLUS/V”シリーズ専用のポータブルスピーカーで、12W×2と24Wサブウーファーを搭載。ライン入力端子を備え、ほかのオーディオプレーヤーへの接続して利用できる。AV出力端子を搭載しており、テレビに接続して利用も行なえる(ZEN VISION:Mのみ)。本体背面にキャリーハンドルを装備している。使用時はドッキングした“ZEN VISION:M”/“ZEN V PLUS/V”シリーズの充電も行なえる。

電源は付属のACアダプターまたは単2乾電池×8か、ACアダプターを利用する。バッテリー駆動時間は最大16時間(アルカリ電池使用、1W出力時)。本体サイズは幅360×奥行き160×高さ170mmで、重量は2.4kg(電池を含まず)。ワイヤレスリモコン、ステレオオーディオケーブル、保護ケース、“ZEN VISION:M”/“ZEN V PLUS/V”シリーズ用ドッキングアダプターなどが付属する。 価格はオープン。クリエイティブストアでは2万9800円で販売される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン