このページの本文へ

65nmプロセス/TDP65W版のAthlon 64 X2最上位となる5000+がデビュー

2007年03月09日 20時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD製Socket AM2対応CPU“Athlon 64 X2”シリーズに製造プロセス65nmでは最上位モデルとなる「Athlon 64 X2 5000+」が加わった。クロック周波数2.6GHzの製品だ。

Athlon 64 X2 5000+ Socket AM2対応CPU“Athlon 64 X2”シリーズに製造プロセス65nmでは最上位モデルとなる「Athlon 64 X2 5000+」が登場。クロック周波数は2.6GHz、2次キャッシュ容量512KB×2となるほか、TDPは65Wというスペック

 最近の“Athlon 64 X2”シリーズは、われわれ取材陣にだけでなく実際に製品を取り扱う販売ショップですら、そのラインナップの多さと複雑さに閉口気味といった様子。そんな中、本日登場した「5000+」は製造プロセス65nmモデルの最上位に位置する製品となる。クロック周波数は2.6GHz、2次キャッシュ容量512KB×2となるほか、TDPは65Wというスペック。
 ちなみに、先週やはり「Athlon 64 X2 5000+」が発売されているが、こちらは製造プロセス90nmモデルのTDP65W版となる。本日から販売を始めたドスパラ本店では、価格2万9905円。T-ZONE.PC DIY SHOPでも明日10日から販売予定で、こちらは価格が2万9904円となっている。

OPN ポップ
OPNは“ADO5000IAA5DD”。購入前に間違って買わないようによく確認したい本日から販売を始めたドスパラ本店のポップ。なお65nmプロセス/TDP65W版では他に4000+/4400+/4800+がすでに販売中だ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中