このページの本文へ

ソフトバンク、“勝手サイト”の情報料課金サービスを終了

2007年03月09日 19時07分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクモバイル(株)は9日、“オープンコンテンツ情報料課金サービス”を7月31日で終了すると発表した。

オープンコンテンツ情報料課金サービスは、URLを直接入力して閲覧できる有料サイト、いわゆる“勝手サイト”を同社の携帯電話機で閲覧した場合の情報料を、携帯電話機の利用料に合算して請求できるサービス。

2003年6月に開始したサービスで、このサービスを採用しているサイトの一部は、オフィシャルコンテンツとして提供する予定だという。これを受けて同社は、今回終了する理由を「オフィシャルコンテンツの更なる充実を図るためにサービスの提供を終了した」と説明している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン