このページの本文へ

表裏がヒートパイプで接続されたnForce 680i SLIマザーがGigabyteから!

2007年03月07日 21時53分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 チップセットに“nForce 680i SLI”を搭載するGigabyte製のLGA775対応マザーボード「GA-N680SLI-DQ6」の販売が今日からスタートしている。流通量は大変少なく早めの完売も予想される。

「GA-N680SLI-DQ6」
“nForce 680i SLI”を搭載するGigabyte製のLGA775対応マザーボード「GA-N680SLI-DQ6」の販売が今日からスタート。ただ流通量は大変少ない

 「GA-N680SLI-DQ6」はCPUソケット背面に取り付けられたヒートシンクが、基板表面のヒートシンクとヒートパイプによって接続されているという、従来にない冷却方式を採用するのが特徴。基板端のPS2コネクタの横に切り取られるような小さなスペースを設け、そこを使って表面と裏面のヒートシンクをヒートパイプによって接続している。オリジナリティのある大掛かりな冷却方式といえるが、このヒートパイプはチップセットまで延びる一体型。そのため、水冷ユニットなどの導入は難しいと思われる。

裏面 ヒートパイプ 切りかけ
CPUソケット背面に取り付けられたヒートシンクが、基板表面のヒートシンクとヒートパイプによって接続。基板端のPS2コネクタの横に切り取られるような小さなスペースを設け、そこを使って表面と裏面のヒートシンクをヒートパイプによって接続している

 主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×2、PCI Express x8×1、PCI Express x1×1、PCI×3。4本用意されるDDR2 DIMMスロットは、DDR2-800/667/533対応で最大8GBまで搭載可能だ。またオンボードインターフェイスとしてIEEE1394(Ti/TSB43AB23)や8chサウンド(Realtek/ALC888D)、Serial ATA II×10(RAID対応)、Ultra DMA 133×1などを装備。
 さらにMarvell製コントローラによるギガビットイーサネットが計4も搭載されるのも特徴的だ。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで4万4680円(10日土曜から販売予定)、フェイスで4万4770円、TWOTOP秋葉原本店で4万4780円、高速電脳とツクモパソコン本店II、BLESS秋葉原本店(完売)で4万4800円となるほかアークにも近日入荷予定となっている。

I/O部
オンボードインターフェイスは満載。Serial ATA II×10(RAID対応)のほか、Marvell製コントローラによるギガビットイーサネットが計4も搭載される

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中