このページの本文へ

“600Wの凄いヤツ!”という電源ユニットが恵安から発売に

2007年03月03日 21時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 真っ赤なパッケージに“600Wの凄いヤツ!”と大きく記載された電源ユニット「KSL-8600EPS」が恵安から発売となった。着脱式ケーブルを採用する容量600W(ピーク時700W)のATX電源だ。

KSL-8600EPS
真っ赤なパッケージに“600Wの凄いヤツ!”と大きく記載された電源ユニット「KSL-8600EPS」。搭載ファンは温度可変タイプ(800rpm~1680rpm)の140mm角となる

 ブラックの筐体は、従来の電源ユニットと異なりファンガードにメッシュタイプのものを採用。背面側にあたる通風孔にもフィルターを装備するなど、ちりや埃が集まりがちな電源ユニットに配慮した作りとなっている。搭載ファンは温度可変タイプ(800rpm~1680rpm)の140mm角。EMIシールドが施された着脱可能なケーブル類には、PCI Express用6ピンを2本用意するなどSLIやCrossfireにも対応する。価格はテクノハウス東映で1万8800円、ツクモケース王国で1万9800円、高速電脳で2万2800円となっている。

KSL-8600EPS 通風孔 ケーブル類
従来の電源ユニットと異なりファンガードにメッシュタイプのものを採用。背面側にあたる通風孔にもフィルターを装備。EMIシールドが施された着脱可能なケーブル類には、PCI Express用6ピンを2本用意するなどSLIやCrossfireにも対応する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中