このページの本文へ

ガンダムだけがロボットじゃない!DSで「スーパーロボット大戦W」が発売!

2007年03月02日 00時00分更新

文● 師 忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今ではこのゲームで古いロボットに初めて出会う人も増えているというバンプレストの「スーパーロボット大戦」。その最新作「スーパーロボット大戦W」がニンテンドーDS用ソフトとして登場した。店頭での販売価格は5300円程度。

スーパーロボット大戦W ニンテンドーDS用のシミュレーションゲーム「スーパーロボット大戦W」。パッケージにヒーローメカがたくさん描かれているのがスパロボの特徴だ

 「スーパーロボット大戦」とは、様々なアニメのロボットやキャラクタ、さらにはオリジナルロボットとキャラタが共演する世界で進めるシミュレーションゲーム。戦闘時に挿入されるキャラクタの名ゼリフは、原作を知っている人も、知らない人も楽しめる。
 今回登場する作品は、フルメタル・パニック!シリーズや勇者王ガオガイガー、ガンダムSEED、ガンダムW、テッカマンブレード、デトネイター・オーガン、マジンカイザー、ゲッターロボG、ゴライオン、ナデシコといったタイトル。まさに新旧の名作が入り乱れている。そしてオリジナルメカとして「ヴァルホーク」や「ヴァルストーク」が登場する。スーパーロボット大戦シリーズはオリジナルメカの人気も高く、TVアニメにもなっているほどだ。今回も、魅力あるメカとキャラが登場しているのは言うまでもない。また、本作は画面が2つあるニンテンドーDSの特長を生かしたゲームシステムを採用。コンパクトなDSながら基本操作を行いやすく、会話シーンも見やすいように改良されている。

アソビットゲームシティ ソフマップ秋葉原本店
1Fが任天堂フロアとなったアソビットゲームシティでは、入って直ぐのところが「スーパーロボット大戦W」のコーナーになっていたソフマップ秋葉原本店では、大きな画面で紹介を行っていた。画面に映った予約特典の“DSカードケース型ストラップ”も先着で配布。これはアソビットゲームシティでも同様だ

 店頭では、プレイステーション3の「ガンダム無双」と並べて販売されているコトが多い。これはやはり、ロボット作品ということでユーザー層が近いこともあるようだ。ショップによると、ソフトの売れ行き自体は「スーパーロボット大戦W」のほうが好調という。またアソビットゲームシティのポップでは、「2006年はXbox 360を持っていないスパロボファンにとって、つらい年だったのではないでしょうか?」と、久しぶりのスパロボであることも強調していた。PS2で発売予定だった「スーパーロボット大戦W OG」が発売延期になってしまったことも、より期待を集めることにつながっているようだ。

アソビットゲームシティでは、久しぶりに楽しめるユーザーが多いスパロボであることを強調。Xbox 360はないが、DSは持っているという人にとっては、1年以上待った新作となる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ