このページの本文へ

飛鳥、4.3インチ液晶ディスプレー搭載フォトビューアー“Tripper V”を発売

2007年03月02日 21時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)飛鳥は2日、デジタルカメラで撮影した写真を保存したり、保存した画像を確認したりできる液晶ディスプレーを搭載したHDD内蔵ストレージ“ポータブル・フォトビューア・ストレージ”の新製品として、“Tripper V(トリッパー・ヴイ)”を発売すると発表した。HDDの容量が40GBの『TripperV40』、80GBの『TripperV80』、120GBの『TripperV120』、160GBの『TripperV160』の4機種をラインアップする。『TripperV40』『TripperV80』はウェブ限定モデルとなっており、『TripperV40』は“Tripper V”発売記念モデルとして100台限定で販売する。

直販サイト“飛鳥ダイレクトショップ”および、パソコンショップ/カメラショップ/家電量販店などの店頭で販売する。“飛鳥ダイレクトショップ”では同日付けで予約受け付けを開始し、12日から発送する予定(『TripperV40』は4月上旬発送予定)。店頭での販売開始は4月以降になるという。価格はいずれもオープン。“飛鳥ダイレクトショップ”での販売価格は、順に3万9900円、4万9980円、6万9825円、7万9800円。

“Tripper V”

“Tripper V”

“Tripper V”は、解像度が800×480ドット(WVGA)の4.3インチワイドTFT液晶ディスプレーを搭載し、デジタルカメラで撮影した写真の閲覧や保存が行なえるHDD内蔵ストレージ。ディスプレーには、三菱電機(株)の色再現技術“NCM(Natural Color Matrix)”を利用してより実物に近い鮮やかな表示を可能にしたという“NCMリアルカラー液晶”を採用している。

外部メディアからデータをコピーするとき、すべての処理を一時的にコピー作業に割り当てることでデータ転送を高速化する“高速コピー”モードも備えている。“高速コピーモード”は同社独自のコピーエンジン“HW(HardWare)コピーエンジン”を利用するもので、合計1GBのファイルを米サンディスク社のCF“SanDisk Extreme IV”から約88秒でコピーできたという(同社調べ)。パスワードによる保護機能も搭載しており、パスワードを入力しないと起動しないように設定できるほか、パスワード管理された“保護フォルダ”が利用できる。

表示可能な画像フォーマットはJPEG(プログレッシブJPEGは非対応)とRAW。ただしRAWはRAWデータそのものではなく、データに埋め込まれているプレビュー画像を表示する。RAWファイルは、富士フイルム(株)のRAF、キヤノン(株)のCR2/CRW、(株)ニコンのNEF、ペンタックス(株)のPEF、オリンパスイメージング(株)のORF、コダック(株)のDCRをサポートする。8倍までのズーム表示が行なえるほか、スライドショー再生が可能。動画ファイル/音楽ファイルの再生も可能で、動画再生は付属する(株)ジャングルの動画変換ソフト『Movie Gate 2 Mobile Lite for Tripper V』でエンコードしたMPEG-4、音楽再生はサンプリングレートが44.1kHzのMP3/AACに対応する。

インターフェースはUSB 2.0、SDメモリーカードスロット(miniSDカードにもアダプターなしで対応)、CFスロット(マイクロドライブにも対応)を装備。USBホスト機能も搭載している。本体サイズは幅153×奥行き30×高さ78mm、重量は約370g。電源は内蔵リチウムポリマーバッテリーまたはACアダプターを利用する。バッテリー駆動時間は、CFからのコピーを連続して行なった場合約100分(同社調べ)、動画を連続再生した場合約135分(同社調べ)。消費電力は最大12.5W。対応OSはWindows Vista/XP/2000(SP3以上)、Mac OS X 10.2以降。対応機種はPC/AT互換機、PC-98NX、Macintosh。『Movie Gate 2 Mobile Lite for Tripper V』の対応OSはWindows XP/2000。

併せて同社では、ユーザーが持つ“Tripper”シリーズの製品(ポータブルHDD『Tripper Light』を除く)を下取りに出すことで『TripperV120』『TripperV160』を割引価格で購入できる“Tripper V 乗り換えキャンペーン”を“飛鳥ダイレクトショップ”で実施する。キャンペーンの実施期間は3月2日から4月9日まで。なお申込数が予定数(数量は非公開)に達した場合、その時点でキャンペーンを終了するという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン