このページの本文へ

フュージョン・ネットワークサービス、有料メールサービス“メールプラス”の新プランを提供開始

2007年03月02日 17時12分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

フュージョン・ネットワークサービス(株)は1日、個人/SOHO/企業向け有料メールサービス“メールプラス”において、同日付けでメールボックスの容量を増加するとともに、新プランを追加すると発表した。新しいプランの体系は、メールボックス容量200MBで月額料金210円、1GBで月額483円、2GBで月額966円、3GBで1449円。

“メールプラス”は、同社のGOL事業本部が提供するインターネット接続サービス“FUSION GOL”を利用するユーザー向けにオプションとして提供される有料メールサービス。同社のインターネット接続サービスのいずれかを利用していれば、“メールプラス”も利用できる。プロトコルはIMAPとPOP3に対応する。サーバーに保存できるメールの通数と保存期間は無制限。ただし1通のメールの受信サイズは10MBまでとなっている。またインターネット接続サービスを解約した場合は、“メールプラス”も自動的に解約される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン