このページの本文へ

NTTドコモ、ワンセグ搭載のAQUOSケータイ『SH903iTV』を28日に発売

2007年02月22日 23時41分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は22日、液晶パネルを回転させる“サイクロイドスタイル”で画面の縦横切り替えができる“FOMA 903i”シリーズのワンセグ対応携帯電話機『SH903iTV』(シャープ(株)製)を今月28日に全国一斉発売すると発表した。

SH903iTV

『SH903iTV』。左からは“Brown”“Black”“White”

SH903iTVは、シャープがソフトバンクモバイル(株)に提供しているワンセグ対応携帯電話機と同じサイクロイドスタイルを採用。3インチワイドQVGA液晶パネル(240×400ドット表示)を搭載する。色を鮮やかにして、輪郭をはっきりさせる高画質化エンジン“SV(Super Vivid:スーパービビッド)や鮮やかな色再現性を実現する“6色カラーフィルタ”を搭載。ワンセグ視聴時のみ自動的にTVを見やすい画質に変更する機能も備えるほか、液晶パネルを横向きに回転させるだけでワンセグが起動するようにも設定できる。

さらに、ワンセグ放送の録画や再生時の早見、早聞きにも対応する。Gガイド番組表リモコンからの予約録画やマニュアル録画ができ、録画データはmicroSDカードに保存できる。そのほか、FMトランスミッターを内蔵しており、再生時の音声はミニコンポやカーラジオのスピーカーを通して聞くことができる。

サブディスプレーは約0.8インチモノクロ有機ELパネル(96×39ドット)を搭載。カメラは約200万画素のCMOSセンサーを採用する。連続通話時間は音声が約200分、テレビ電話が約130分。連続待受時間は静止時で約580時間、移動時で約440時間。本体サイズは幅50×厚さ25×高さ111mm、重さは約143g。カラーは“Brown”“Black”“White”の3色が用意される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン