このページの本文へ

チャット相手の「テキスト入力中」ステータスが分かるようになったSkype 3.1

2007年02月22日 19時41分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「SkypeFind」などの新たな機能を追加したSkype3.1のベータ版のダウンロードが開始された。また、これまでにはなかった「待望の(?)」新機能も搭載された。

お気に入りの店などを教え合える「SkypeFind」

 3.1に搭載された最大の新機能が「SkypeFind」である。これは、そのユーザーが気に入っている店などを、コンタクトリストとして登録している友人などと共有できるサービスだ。

 新たに「SkypeFind」タブが追加されており、ユーザーが他人にお勧めしたいレストランなどの情報を入力すると、他のユーザーがその一覧を見ることができる。検索もできるので、数が増えても簡単に見つけたい情報を探せる。

 同機能の詳細は、スカイプの Webページでも解説されているので、ご覧いただきたい。

お気に入りのお店情報などを公開できる「SkypeFind」では、キーワード検索以外に、友人が新たに追加した項目の一覧が表示される
お気に入りのお店情報などを公開できる「SkypeFind」では、キーワード検索以外に、友人が新たに追加した項目の一覧が表示される
お店の名前やコメントなどを自由に登録できる。これは筆者の勝手な思いつきだが、この調子で日記なども公開できるようになれば、さながらSNSのようにも使えるようになりそうだ
お店の名前やコメントなどを自由に登録できる。これは筆者の勝手な思いつきだが、この調子で日記なども公開できるようになれば、さながらSNSのようにも使えるようになりそうだ

チャット時の相手のステータスが分かるようになった

 また3.1からは、細かいがこれまでも欲しかった機能が追加された。それが、チャット時に相手が入力しているかが分かるステータス確認機能だ。Windows Messengerやヤフーメッセンジャーなど、主なインスタントメッセンジャには搭載されていた機能だが、Skypeも今バージョンから採用された。

 Skypeの場合、相手がキーボードで文字入力をしている間、ユーザー名の横に鉛筆が動くアニメーションが表示される。さらに、相手がバックスペースキーなどで文字を消している際は、消しゴムで文字を消しているアニメーションになるのは、他のIMにない機能だ。

チャット相手が文字入力中なのが分かるようになった
チャット相手が文字入力中なのが分かるようになった

 さらに細かいところでは、ブックマークされたチャットが、コンタクトリストの下部に表示されるようになった。ブックマークを活用しているユーザーにとっては、非常に便利な機能だ。ただし、各コンタクトと異なり、グループに分類することはできない。

 なお今回のベータ版は、気をつけるべきバグが残っている。現時点で、Windows XP(SP2)やWindows 2000 Professional(SP4)の環境で、編集部で3人ほど3.1のインストールを試してみた。しかし3人とも、Skypeの動作が不安定で、複数のマシンで確認できている症状としては、①何らかの新着イベントがあり、そこをクリックする、②チャットメニューの「オープンチャットを開始」を選択する、とフリーズするようだ。おそらくすぐに修正版が出るはずだが、現時点(2月22日の18時)では、3.1のインストールは、残念だがもう少し待ったほうがいいかもしれない。

【追記 3月9日16:45】
3月7日、上記のバグフィックスも含めたSkype 3.1 for Windowsベータのアップデート版(バージョン3.1.0.134)が公開された。試したところ、本記事に書いた不具合の①については解消されているが、②の「オープンチャットを開始」でフリーズする現象は続いている。次のバージョンで対応されることを望みたい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ