このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

【T指令のパーツで遊ぼう!! No.13】

2006年に登場した人気CPUクーラーの最強王座を決める!

2007年02月24日 21時54分更新

文● T指令

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

あの伝説の“風神”が帰ってきた

 そして、最後は「SI-120」を1.5倍近く大きくしたクーラーマスター製「風神匠」を試そう。クーラーマスターの“風神”シリーズといえばSockst 7の“Pentium MMX”やAMDの“K6-2”が主流だった1998年に、大型のCPUクーラーとして登場して大人気になった。しかし、当時働いていたショップの通常仕入れルートでは取り扱いできなかった。そのため、当時は早稲田にあった高速電脳のH社長にお願いして“風神”シリーズを卸してもらったことがある。「この頃は価格ではなく、いかに早く新商品を輸入してくるかが勝負だったな……」と懐かしむ。その“風神”シリーズの流れを汲む「風神匠」は、12cmファンを2個搭載可能で、メモリやチップセットも十分に冷却できると、T指令の物欲を大いに刺激する仕様だ。なお、冒頭でも記載したが使用するファンはSilenXの「SX-12025-14」を2個使用する。果たして合計風量116CFMでの冷却効果はどのくらいになるだろう、ワクワクしてくる。

風神匠 ケースに取り付けた時が楽しみな「風神匠」

 さっそく、コア定格電圧(1.35V)のFSB333×9=2997MHzに設定して計測をスタートしたが、アイドル時が40℃で中負荷時44℃、高負荷時は53℃とちょっと首を傾げたくなる結果だ。念のため、再度取り付けをやり直したが、計測結果は変わらなかった。取りあえず、コア電圧1.45VのFSB350×9倍=3.15GHz動作時を計測すると、アイドル時43℃で中負荷時が51℃、そして高負荷時は60℃となった。さらに、コア電圧1.65VのFSB390×9倍=3.51GHz動作時は、アイドル時53℃で中負荷時が62℃、高負荷時は76℃だった。非常にショックだが今回試した限りでは、「風神匠」は「INFINITY COOLER」と同性能となる。しかし、「風神匠」は期待していただけに、私としてもちょっとダメージが大きい。でも、マザーボードに取り付けた状態を眺めているだけで、うれしくなるからオーケーだ。

風神匠グラフ 今回試した限りでは、「風神匠」は「INFINITY COOLER」と同性能となる

OC時の冷却効果No1は果たして?

 これで、すべてのCPUクーラーの計測が完了だ。各CPUクーラーの結果を表にまとめると「CNPS9700 NT」が、ダントツの冷却性能でNo1だ。2位は「INFINITY COOLER」と「風神匠」といえるだろう。また、コストパフォーマンスと冷却性能を考慮すると、オススメは「INFINITY COOLER」だ。なお、ダントツの冷却性能を誇る「CNPS9700 NT」は、PWMコントロールの問題があるので、「CNPS9700 NT」と同スペックでファンコントローラが付属する「CNPS9700-LED」がいち押しだ。ちなみに今回試した7製品のなかで一番取り付けが楽だったのは「ANDY SAMURAI MASTER」だ。「峰COOLER」や「INFINITY COOLER」も同じ取り付け方法になるが、ヒートシンク部分に手があたってしまうためにちょっと手間取った。

コア電圧1.35V(定格) FSB333×9=2997MHz
製品名 アイドル時 中負荷時 高負荷時
純正クーラー 53℃ 67℃ 計測不能
峰COOLER Rev.B 42℃ 48℃ 54℃
INFINITY COOLER 39℃ 44℃ 51℃
ANDY SAMURAI MASTER 40℃ 45℃ 51℃
SI-120+SX-12025-14 40℃ 46℃ 54℃
Silent Square 42℃ 47℃ 55℃
CNPS9700 NT 36℃ 43℃ 49℃
風神匠 40℃ 44℃ 53℃
コア電圧1.45V(定格+0.1V) FSB350×9=3150MHz
製品名 アイドル時 中負荷時 高負荷時
純正クーラー 69℃ 83℃ 計測不能
峰COOLER Rev.B 46℃ 54℃ 63℃
INFINITY COOLER 42℃ 51℃ 59℃
ANDY SAMURAI MASTER 44℃ 52℃ 60℃
SI-120+SX-12025-14 45℃ 53℃ 63℃
Silent Square 46℃ 52℃ 64℃
CNPS9700 NT 41℃ 49℃ 57℃
風神匠 43℃ 51℃ 60℃
コア電圧1.65V(定格+0.3V) FSB 1.45V MCH 1.75V FSB350×9=3510MHz
製品名 アイドル時 中負荷時 高負荷時
純正クーラー 78℃ 計測不能 計測不能
峰COOLER Rev.B 57℃ 68℃ 82℃
INFINITY COOLER 53℃ 63℃ 76℃
ANDY SAMURAI MASTER 54℃ 65℃ 79℃
SI-120+SX-12025-14 55℃ 66℃ 81℃
Silent Square 54℃ 66℃ 80℃
CNPS9700 NT 50℃ 57℃ 70℃
風神匠 53℃ 62℃ 76℃

●結論:限界までOCするなら「CNPS9700-LED」がいち押し、定格電圧+0.1V程度のOCなら「INFINITY COOLER」がオススメだ!

オススメ オススメの2製品。右が「CNPS9700 NT」、左が「INFINITY COOLER」

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ