このページの本文へ

17gの超小型! 携帯電話用充電器「チャージプラス」が販売中

2007年02月17日 22時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 小型で持ち運びにも便利な携帯電話用充電器「チャージプラス」がトキワティーシーから発売、今日からア-クで販売されている。非常用としてひとつあると重宝するかもしれない。

ラインナップ 取り付け例
ラインナップはCDMA/WIN用の「CP1-A」、FOMA/SoftBank 3G用の「CP2-B」、DOCOMO/SoftBank用の「CP3-C」の3モデルストラップとして携帯本体に付けておいても邪魔にならない大きさ

 この製品の良いところは、なんといってもサイズ32(W)×9(D)×37(H)mm、重さ17gと小型軽量な点。ご覧のようにストラップとして携帯本体に付けておいても邪魔にならない大きさだ。スケルトンの本体には充電式のバッテリーを内蔵。手持ちの携帯電話の充電器で充電でき、使用するときはフタを開けて電話の充電口に差し込んで使う。約40分ほどの充電で、待ち受け時間12時間、連続通話30分程度が可能。「チャージプラス」への充電は約3時間程度としている。ラインナップはCDMA/WIN用の「CP1-A」、FOMA/SoftBank 3G用の「CP2-B」、DoCoMo/SoftBank用の「CP3-C」。価格は全て1500円となっている。

充電 使用
手持ちの携帯電話の充電器で充電が可能。LEDで進行状況も確認できる使用するときはフタを開けて電話の充電口に差し込んで使う

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中