このページの本文へ

大泉洋さんと堀北真希さんを声優に起用

レベルファイブ、ニンテンドーDSソフト『レイトン教授と不思議な町』を発売

2007年02月14日 20時54分更新

文● 編集部 太田渉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)レベルファイブは14日、パブリッシャー作品としては同社初のニンテンドーDSソフト『レイトン教授と不思議な町』を15日に発売すると発表した。東京・品川のエプソン品川アクアスタジアムにおいて、新作ソフトの発売記念完成披露会を開催した。

完成披露会に駆け付けた大泉洋さん(左)と堀北真希さん(右)
完成披露会に駆け付けた大泉洋さん(左)と堀北真希さん(右)

『レイトン教授と不思議な町』は、プレイヤーが主人公“レイトン教授”となり、不思議な町の住民から出題されるパズル=“ナゾ”を解くことでストーリーが進む“ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャーゲーム”。3部作を予定しており、今回発表されたのは、シリーズ第1弾となる。同社は、(株)スクウェア・エニックスの『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』や(株)ソニー・コンピュータエンタテインメントの『ローグ ギャラクシー』といったゲームの開発/制作を行なっているが、今回、初めてパブリッシャーとして『レイトン教授と不思議な町』を制作したものとなる。

ゲーム画面(C)2007 LEVEL-5 Inc.

完成披露会には、主人公の“レイトン教授”の声優を担当した俳優の大泉洋さん、“レイトン教授”の助手である“ルーク少年”の声優を担当した女優の堀北真希さん、ゲームの“ナゾ”の部分を監修した千葉大学の多湖輝(たご あきら)名誉教授が駆けつけた。

レベルファイブ 代表取締役社長の日野晃博氏

完成披露会では、最初にレベルファイブ代表取締役社長の日野晃博氏(ひの あきひろ)氏が登壇し、「弊社初のパブリッシングタイトルになります。このゲームはさまざまな要素が絡んでいながらも、初心者にもとっつきやすく、全ての人にお勧めできる本当に不思議で面白いゲームに仕上がっています。現時点の発売日前日の注文数が21万本となっており、新規タイトルの発売前にしては高い結果です」と述べ、「これをスタートに30万本、40万本、さらに50万本と数字を伸ばしていきたい」と意気込みを語った。

アフレコを行なっている大泉さんと堀北さん アフレコを行なっている大泉さんと堀北さん

ゲームの説明の後は、大泉さんと堀北さんが壇上に上がり、声優を担当した感想を語った。大泉さんは「カエルやトカゲなどの声優が多かったので、英国紳士という役だったので戸惑った」、堀北さんは「少年っぽさの声を出すのに苦労した」と話した。そのあと、実際に壇上で公開アフレコを行なったが、大泉さんは納得がいく結果ではなかったようで、「もう一度やらして下さい」と言って会場を沸かせていた。

“ナゾ”を解いている様子

続いて、多湖名誉教授の説明を交えた“ナゾ”が壇上で2問出題され、大泉さんと堀北さんがその問題にチャレンジした。

堀北真希さん
堀北真希さん
堀北真希さん

最後に行なわれたインタビューでは、今日が14日でバレンタインデーということもあり、チョコレートはどうしましたかという質問が出た。堀北さんは、大泉さんにチョコを上げましたが、初めて会うので何かキッカケをと思い、渡しましたと答えた。本命チョコはだれに上げたのかという質問に対しては、お父さんに上げましたと答えた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン