このページの本文へ

日本語理解製品“なずき”を利用したサービス

NTTアドとNTTデータ、ブログやSNSの話題を的確にレポートするサービス“CGM Watch”を提供開始

2007年02月13日 21時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・アドとエヌ・ティ・ティ・データは13日、NTTデータの日本語理解製品“なずき”を利用し、個人が発信するブログ/SNSなどのCGM(Consumer Generated Media)から情報を検索/抽出/分析し、マーケティングレポートとして提供するサービス“CGM Watch”の提供を15日に開始すると発表した。NTTアドがサービスを提供する。

「新世代ゲーム機B社製品とC社製品を購入者はどのように評価したか」

分析サンプル「新世代ゲーム機B社製品とC社製品を購入者はどのように評価したか」(対象期間2006年10月1日~12月5日、“新世代ゲーム機に関するレポート”)

“CGM Watch”は、日本語理解製品“なずき”を応用したNTTアドのウェブで管理できるマーケティングサービス。“なずき”が文章レベルで把握し、書き手の感性や商品/サービスに関する評価を人間により近いレベルで抽出できるのが特徴。商品名などの単語の出現頻度のほか、そのユーザーが商品を購入しているかどうかを把握し、好意的に書いたかなど、書き手の感性を最大81種類に細分化してレポートできるという。CGM Watchは、自発的に書かれたブログ記事をベースにしており、調査する側の先入観などを受けないため、消費者の本音を引き出せるとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン