このページの本文へ

顧客やパートナの声を真っ正面から受け止めた、チェック・ポイントの中小企業向けUTM

2007年02月06日 18時00分更新

文● ネットワークマガジン編集長 大谷イビサ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2月6日、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、UTMアプライアンス「Check Point UTM-1」(以下UTM-1)を発表した。今まで手薄だった中小企業市場に投入される同社の切り札で、実績の高いファイアウォール/VPNのほか、さまざまなセキュリティ機能を安価に利用できるのが大きな特徴となっている。

無制限ライセンスを導入、導入・管理も容易に

 同社はセキュリティの専業ベンダーとして従来、大規模ネットワーク向けの「VPN-1 Power」、SOHOや小規模拠点向けの「VPN-1 UTM Edge」「Safe@Office」などのアプライアンス製品を提供してきた。しかし、国内でもっともメインのユーザーとなる中小企業向けの製品が手薄であったため、国内の中小企業向けのファイアウォール・UTM市場に関しては、他社にシェアを獲られていた状況だ。こうした現状に対しての回答が、今回発表されたUTM-1である。

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ代表取締役社長 杉山隆弘氏
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ代表取締役社長 杉山隆弘氏

 都内で開催された製品発表会において、代表取締役社長の杉山隆弘氏は、「昨年の就任以来、顧客やパートナーの話を聞くと、オールインワンのUTMアプライアンスをいつ出すのか? そしてソフトウェアライセンスのユーザー制限を無制限にできないのか? という声をあらゆるところで頂戴した。この意見を謙虚に受け止め、生まれたのが今回発表したUTM-1」と、製品登場までの経緯を説明した。

 UTM-1には、実績の高い同社のファイアウォール/VPN(IPsec)機能はもちろん、IDS・IPS、URLフィルタリング(後日提供予定)、SSL-VPN、Webアプリケーションファイアウォール、スパイウェア対策など豊富な機能を1Uの筐体に盛り込んだ。

 P2PやVoIP、IMなどのアプリケーションのアクセス制御も可能で、ASICに依存しないソフトウェアでの柔軟なアクセス制御機能が大きな売り。また、UTMならではの簡易なセットアップ、USBキーを用いたシステム復旧・トラブルシューティングに対応し、中小企業での導入の敷居を下げている。さらに1台の製品で他の製品の管理まで可能であるため、専用の管理ソフトウェアが不要というコストメリットも強調された。こうした特徴を指し、UTM-1を「機能面や先進性、運用管理の軽減といった面で、新しいレベルのUTM製品となった」(杉山氏)を謳っている。


ギガビットに対応する3モデルを提供

中堅中小向けのUTMアプライアンス「Check Point UTM-1」
中堅中小向けのUTMアプライアンス「Check Point UTM-1」

 UTM-01では、同社が今まで採用していたユーザー数によるライセンスが撤廃され、無制限となった(ただし、推奨ユーザー数は存在する)。モデルはファイアウォール/VPNスループットやポート数の違いなどで「UTM-1 450」「UTM-1 1050」「UTM-1 2050」の3つ用意されている。予価はローエンドの「UTM-1 450」が123万8000円。

 出荷は3月中を予定しており、初年度の導入目標は5000台。これを実現するために中小企業向けの販売チャネル拡張やエンドユーザーとの情報交換の充実、リプレイスキャンペーンの展開などを図るという。

 その他、2007年の展開として、新しいIPS製品の発表や、2006年11月に同社が買収したポイントセック社のデータセキュリティソフトウェアの提供を予告した。

カテゴリートップへ

ピックアップ