このページの本文へ

GMO-HS、ロックオンと業務提携し『EC-CUBE』を採用したホスティングサービスを開始

2006年12月21日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GMOホスティング&セキュリティ(株)は20日、(株)ロックオンと業務提携し、同社のホスティングブランド“ラピッドサイト”において、ロックオンが提供するオープンソースアプリケーション『EC-CUBE』を標準搭載し、イプシロン(株)が提供するオンライン決済代行サービス“イプシロン”にも対応した“イプシロンオンライン決済対応 EC-CUBE”プランを同日付けで開始すると発表した。価格は初期費用が1万500円、月額が1万2600円。

同サービスは、ロックオンが提供するネットショップの構築/運営が行なえるオープンソースのアプリケーションソフト『EC-CUBE』をサーバーに標準搭載したプラン。インストールや各種設定の手間がいらずに『EC-CUBE』が利用できるほか、ドラッグ&ドロップでページのレイアウトを行なえるのが特徴。ネットショップの顧客ごとの“Myページ機能”や“レビュー機能”、“関連商品のリコメンド機能”などといった機能も搭載している。決済方法は、クレジットカード/コンビニ決済が利用できるオンライン決済代行サービス“イプシロン”に対応している。イプシロンの利用には別途契約が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン