このページの本文へ

サイバーフロント、コミュニケーションペイントソフト『Friend Draw』を発売

2006年12月22日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)サイバーフロントは22日、Windows Vista専用のコミュニケーションペイントソフトとしてグラフィックスソフト『Friend Draw(フレンド ドロー)』を2007年3月30日に発売すると発表した。価格は7140円。

『Friend Draw』
共有イメージ 画像から線画を取り出した画面
共有イメージ画像から線画を取り出した画面

『Friend Draw』は、チャットをしながら絵や文字をほかのユーザーと描けるコミュニケーション/ペイントソフト。画像データをドラッグだけで取り込めるほか、タブレットにも対応。ネットワークを介してほかのユーザーとチャットをしながらキャンバスを共有して画像編集できるのが特徴で、ほかのユーザーとは“フレンドコード”を交換/登録すれば接続できる。最大4人まで共有でき、画像から線画を取り出して塗り絵も行なえるという。ペンの動きで“アンドゥ”などの機能を呼び出せる“ペンフリック”機能や、手書き文字を自動認識でフォント化する機能も搭載されている。デコレーションを楽しめるスタンプツールを100種類、特殊ペンツールを80種類搭載する予定としている。

対応OSはWindows Vistaのみで、Home Basic/Home Premium/Business/Enterprise/Ultimateで利用できる。。対応機種は1人で利用する場合は、Pentium 4-2.4GHz以上のCPU、512MB(1GB以上推奨)のメモリーを搭載したPC/AT互換機。4人で共有する場合は、Pentium 4-3.2GHz以上のCPU、2GB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機。インターネット接続に対応した1.5Mbps以上の通信回線が必要。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン