このページの本文へ

有線・無線両対応のプリントサーバがプラネックスから

2007年02月02日 23時36分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 プラネックスから有線・無線の両方に対応したプリントサーバ「Mini-101MG」が発売された。WEBブラウザから簡単に設定ができ、インク残量・用紙の状態等をPC上で確認することも可能だ。

有線・無線の両方に対応したプリントサーバ「Mini-101MG」。各種メーカのUSB対応プリンタ・複合機に対応。無線規格はIEEE 802.11b/gで、VistaRC1での動作も確認済みだ

 双方向通信に対応する事で、プリンタに付属のユーティリティを利用したインク残量、用紙切れといった状態をリアルタイムに確認することが可能なほか、各種メーカのUSB対応プリンタ・複合機に対応。無線規格はIEEE 802.11b/gで、VistaRC1での動作も確認済みだという。今日から販売しているTWOTOP秋葉原本店では価格1万2980円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中