このページの本文へ

エルピーダメモリ、70nmプロセスの1G/512Mbit DDR2 SDRAMの量産を開始

2006年12月25日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エルピーダメモリ(株)は25日、70nmプロセスの1Gbit/512Mbit DDR2 SDRAMの量産を開始したと発表した。2006年度中に出荷を開始する予定。

70nm 1Gbit DDR2 SDRAM 70nm 1Gbit DDR2 SDRAM

同製品は、ハイエンドサーバー/モバイル機器/デジタルテレビ/デジタル一眼レフカメラ/DVDレコーダーなどの画像処理能力を必要とするデジタル家電向けに供給するもの。512Mbit製品は、現時点で同容量のDDR2 SDRAM製品の中で世界最小のチップサイズという。

同社では今後70nmプロセスを、携帯電話機などのモバイル機器向けの“Mobile RAM”や、ハイエンドデジタル家電、サーバー/パソコン向けの全製品に展開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン