このページの本文へ

ソニー、ノイズキャンセリングヘッドホン『MDR-NC60』を発売

2007年01月29日 17時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は29日、ノイズキャンセリングヘッドホンの最上位機種『MDR-NC60』を3月10日に発売すると発表した。価格は2万4575円。

『MDR-NC60』

ノイズキャンセリングヘッドホンの最上位機種『MDR-NC60』

ノイズキャンセリングヘッドホンの最上位機種『MDR-NC60』

『MDR-NC60』は、ヘッドホンに内蔵したマイクとノイズキャンセリング回路で生成した逆位相の信号により周囲の騒音(40Hz~1500Hz)を低減し、低減された状態の騒音を再びマイクで検知してさらに騒音を低減する処理を繰り返す“フィードバック方式”を採用したのが特徴。これにより周囲の騒音を最大1/6(200Hzで16.5dB以上)に低減できるという。キャンセリング効果を高めるためにマイクとドライバーユニットの振動板を近付けた“マイク一体型ドライバーユニット”を採用したほか、イヤーパッドの外側に密閉度を高めた“ソフトでしっとりした新素材”、内側に通気性のある“メッシュ加工”の素材を採用した“高密度イヤーパッド”を採用しており、装着感と密閉度を向上させたという。

ドライバーユニットは40mm径で銅被覆処理のアルミ線(CCAW)をボイスコイルに採用。インピーダンスは40Ω(1kHz/電源ON時)。感度は102dB/mW(電源ON時)。再生周波数帯域は14Hz~24kHzで、最大出力は100mW。コードは無酸素銅(OFC)リッツ線を採用し、金メッキステレオミニプラグ(ケーブル長約0.5m)と金メッキL型ステレオミニプラグ(ケーブル長約1.5m)、航空機用プラグアダプターが付属する。本体は薄型に折り畳めるスイーベル折りたたみ機構を採用。電源は単4形乾電池×1本で、アルカリ乾電池で約30時間の駆動が可能。重量は230g(電池込み)。再生中の音を消音(ミュート)して外部の音を聞く“モニター機能スイッチ”も用意されている。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中