このページの本文へ

アフレル、教育用レゴ マインドストーム NXTと家庭学習向け教材のセットを発表

2006年12月15日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アフレルは14日、レゴジャパン(株)が販売しているロボット教材キット『教育用レゴ マインドストーム NXT』にアフレルが開発したプログラミング学習用のオリジナル教材を添付した“ホーム・スクーリング・セット”を発売すると発表した。同日付けで同社オンラインストアにおいて受注を開始し、18日に出荷開始の予定。販売は同社オンラインストアおよび取り扱い代理店で行なう。

ホッケーができるロボット 画像 二足歩行型ロボット(ヒューマノイド) 画像
ホッケーができるロボット二足歩行型ロボット(ヒューマノイド)
『教育用NXTソフトウエア  ver.1.0』動作画面 『教育用NXTソフトウエア ver.1.0』動作画面

『教育用レゴ マインドストーム NXT』は教育機関向けの教材キット。自分でブロックやギアを使い自由にロボットを組み立て、専用ソフトを使いパソコンで制御プログラムを作成することで科学を体験的に学習できる。今回の“ホーム・スクーリング・セット”は家庭向けの製品で、家庭でプログラミングを学べるオリジナル教材が付属するのが特徴。

本製品は、プログラム作成ソフトに『ロボラボ ver.2.9』『教育用NXTソフトウエア ver.1.0』(NXT-SW)の2種類、ロボット本体にホッケーができるロボットを作れる基本セットと二足歩行型ロボット(ヒューマノイド)を作れる基本+拡張セットの2種類が用意されており、組み合わせにより計4種類のラインナップからなる。『ロボラボ ver.2.9』はフローチャートのようにアイコンを並べて制御プログラムを作成するソフトで、『教育用NXTソフトウエア ver.1.0』はブロックを組み合わせる感覚でプログラムを作成するソフト。全パッケージにプログラミング学習用のアフレルオリジナル教材である『ROBOLAB2.9入門ガイド』と『NXT-SW1.0入門ガイド』が付属する。二足歩行型ロボットセットには『二足歩行ロボ・プログラムガイド』も付属する、

今回の発売に合わせてアフレルではメールマガジン“ロボットエンジョイクラブ”の配信を開始する。プログラムのコツや、家庭できるロボットコンテストの競技内容の提案、体験教室の開催情報など、家庭内で継続的にロボット製作を楽しめるような情報を配信していくという。

なお購入特典として、『ROBOLAB2.9入門ガイド』『NXT-SW1.0入門ガイド』『二足歩行ロボ・プログラムガイド』(価格各2000円)を期間限定(終了時期未定)で無償提供するほか、レゴジャパンのウェブサイトでPDFファイルとして配布している二足歩行型ロボット組立図を、冊子として同梱している。

価格はホッケーができるロボットと『ロボラボ ver.2.9』のセットが4万9980円、ホッケーができるロボットと『教育用NXTソフトウエア ver.1.0』のセットが4万8930円。二足歩行型ロボットと『ロボラボ ver.2.9』が5万8590円。二足歩行型ロボットと『教育用NXTソフトウエア ver.1.0』のセットが5万7540円。

対応OSはWindows XP Professional SP2/Home Edition SP2、Mac OS X 10.39/10.4。対応機種は動作クロック周波数が800MHz以上のCPU、256MB以上のメモリーを搭載したPC/AT互換機、PowerPC G3/G4/G5-600MHz以上 、256MB以上のメモリーを搭載したMacintosh。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン