このページの本文へ

ここが変わったWindows Vista 100連発! 第23回

ノートパソコンの設定をまとめて変更できる“モビリティセンター”

2007年01月07日 00時00分更新

文● 柳谷智宣 アバンギャルド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows Vistaには、使用用途に応じてノートパソコンの各種設定を変更できるようにまとめた、“Windows モビリティセンター”が搭載された。ノートパソコンのハードウェア構成によって異なるが、最大8種類の項目を設定可能。Windows XPであれば、コントロールパネルなどから各項目の設定を呼び出す必要があったが、モビリティセンターではそうした手間がなく、利用シーンに応じてすぐに変更できるのがメリットだ。

モバイルノートでの利用頻度の高い設定をまとめた“Windows モビリティセンター”。画面では6項目分だが、最大8項目が設定できる

モバイルノートでの利用頻度の高い設定をまとめた“Windows モビリティセンター”。画面では6項目分だが、最大8項目が設定できる

この機能はWindows VistaのBusiness、Enterprise、Ultimateですべての機能が、Home Basic、Home Premiumでは一部の機能がお使いいただけます。

明るさ
ディスプレーの明るさを一時的に調整する
音量
音量を調節したり、消音する
バッテリの状態
バッテリーの残量をチェックしたり、電源プランを選択できる
ワイヤレスネットワーク
無線LAN機能のオン/オフ切り替えや、無線LANの電波状況の表示
画像の回転
タブレットPC利用時に、画面の向き(縦横)を変更する
外付けディスプレイ
外部ディスプレーに接続した際に、表示したり表示設定をカスタマイズする
同期センター
携帯電話機や携帯デジタル機器、ネットワークフォルダーとファイルや情報を同期する
プレゼンテーションの設定
プレゼンテーション時などに、音量や壁紙をまとめて変更する
モビリティセンター上のアイコンをクリックすると、設定画面が開く。これはワイヤレスネットワークのアイコンをクリックした状態

モビリティセンター上のアイコンをクリックすると、設定画面が開く。これはワイヤレスネットワークのアイコンをクリックした状態

“プレゼンテーションの設定”をオンにすると、スクリーンセーバーやシステムの通知(バルーン表示)を無効にしたり、指定した音量や壁紙に自動的に変更してくれる。プレゼンテーションを行なう際に、ここで一括して設定を変更/復元できる。例えばプレゼンテーションに使うノートパソコンで、普段は家族の写真を壁紙にしている場合でも、必要時にパッと切り替えられるので、気楽に壁紙を選べるというわけだ。

“プレゼンテーションの設定”。プレゼンテーション時用に、スクリーンセーバーや音量、壁紙を指定しておける

“プレゼンテーションの設定”。プレゼンテーション時用に、スクリーンセーバーや音量、壁紙を指定しておける

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン