このページの本文へ

マイクロソフト、法人向けに「Microsoft Desktop Optimization Pack for Software Assurance」を2007年1月1日より提供開始

2006年12月18日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

マイクロソフトは、アプリケーション導入時の互換性問題などに対応するソフトウェア群のパッケージ「Microsoft Desktop Optimization Pack for Software Assurance(MDOP)」の提供を、2007年1月1日より開始することを発表した。

4種類のツールから構成されるMDOP

 マイクロソフトは、アプリケーション導入時の互換性問題などに対応するソフトウェア群のパッケージ「Microsoft Desktop Optimization Pack for Software Assurance(MDOP)」の提供を、2007年1月1日より開始することを発表した。MDOPはマイクロソフトのボリュームライセンスで提供される「ソフトウェアアシュアランス」のユーザーが購入できるもので、(1)Microsoft SoftGrid、(2)Microsoft Asset Inventory Services、(3)Microsoft Advanced Group Policy Management、(4)Microsoft Diagnostic and Recovery Toolsetの4つのツールから構成されている。

 Microsoft SoftGridは、アプリケーションをネットワーク上の各マシンに個別にインストールすることなく、実行させることのできるアプリケーション仮想化ソフトウェアだ。管理の集中化により、互換性の維持やデスクトップ環境のスムーズな移行を実現する。

 Microsoft Asset Inventory Servicesは、クライアントPC上で稼働するすべてのプログラムの状態を把握し、リストを確認するもので、アプリケーションのバージョン管理が容易に行なえる。

 Microsoft Advanced Group Policy Managementは、Windowsが提供するGPO(Group Policy Objects)に準拠したグループポリシーの設定を強化するものだ。これにより管理者は、特定作業の管理権限を柔軟に割り当てたり委譲することができる。

 Microsoft Diagnostic and Recovery Toolsetは、クライアントPC上で発生したトラブルの正確な原因究明、紛失データの復旧などを迅速に行なうためのツール群だ。

 MDOPは2007年1月より英語版の提供が開始される。参考価格は1ライセンスあたり1200円/年。日本語版を含む各国語版の提供は2007年の後半以降を予定している。

■関連サイト
マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

カテゴリートップへ

ピックアップ