このページの本文へ

デジソニック、ドロップシッピングの仕組みを利用した次世代型EC&CGMサービスを開始

2006年12月27日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)デジソニックは26日、アフィリエイトやドロップシッピングの仕組みを利用し、在庫リスク無しで個人のECサイトを開設できるサービス“ナレジシッピング”の提供を同日付けで開始すると発表した。

“ナレッジシッピング”とは、映像、音楽、文化を中心としたコンテンツの分野において、ドロップシッピングやアフィリエイトの仕組みを利用し、個の知識(ナレッジ)を発信することで大規模なクチコミマーケットを創出することを目指すという、同社が提唱する次世代型EC&CGMサービス。

サービスの仕組みは、デジソニックが運営するDVDオンラインストア“ソニックマート”の商品を、“ナレッジシッピングブログ”というナレッジシッピング専用のブログ上で販売するというもの。既にブログサイトを持っているユーザーも、タグを貼り付けることで利用できる。

サービスの特徴として、クチコミマーケットを創出するためにレビュー機能を用意した点や、ドロップシッピングと違い、売買契約が顧客とソニックマートの間で結ばれるため、販売者には配送/決済/問い合わせ対応などの運営の手間がかからないという点、また商品を紹介する際に“ポイント報酬”“現金報酬”の2種類の報酬タイプを選べる点を同社は挙げている。

“ポイント報酬”はアフィリエイト型の報酬タイプで、ソニックマートと同じ価格で商品を販売し、売り上げの一部をソニックマーケットで利用できる会員ポイントに還元するというもの。“現金報酬”はドロップシッピング型の報酬タイプで卸価格との差額を現金で還元するというもの。ただし、再販制度禁止該当商品や同社指定の一部商品は除く。

サービス開始当初の取り扱い商品は約2万のDVDソフトで、松下電器産業(株)のパッケージソフト卸部門であるパナソフトセンターが供給を行なう。今後はCD/書籍/デジタルコンテンツなど約80万アイテムの商品を取り揃えるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン