このページの本文へ

アドビ システムズが2006年度業績を発表、「Apollo」のデモも披露

2007年01月17日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アドビ システムズは1月17日、東京都内で会見し、米アドビ システムズの2006年度の業績報告を行なった。併せて、開発中のリッチクライアント実行環境「Apollo」(開発コード名)を披露した。

過去最高の25億7500万ドルの売上を達成

アドビ システム代表取締役社長 ギャレット・イルグ氏

アドビ システム代表取締役社長 ギャレット・イルグ氏

 この日、アドビ システムズ株式会社 代表取締役社長のギャレット・イルグ氏が報告した米アドビ システムズの2006年度第4四半期(9月~11月)の売上高は、前年度比34%増となる6億8220万ドル。純利益は30%増しの1億9700万ドルと好調な業績を記録した。

 2006年度通年(2005年12月~2006年11月)でも、売上高25億7500万ドル、純利益は5億7512万ドルと、いずれも対前年度比31%の成長を実現し、過去最高を達成している。事業分野別では、Creative Suiteなどのクリエイティブ製品が55%を占め、Acrobatなどのナレッジワーカー向け製品が26%、Flexなどの開発者向け製品が7%、Flash Liteの携帯電話への組み込みが広がったモバイル&デバイス分野が2%などとなった。

 同社では2007年度にも、「Creative Suite」の次期バージョンやWeb会議サービス「Acrobat Connect」の開始など、多数の新製品のリリースを予定。「Apollo」や「Live Cycle」の次期バージョンなど、エンタープライズ分野でも大型の製品投入を控えている。

 イルグ氏は、紙文書の電子化・Web化や、Webのリッチコンテンツ化、インターネットアプリケーションの普及などの周辺環境の変化に触れ、「いま起こりつつある、コンテンツの統合・収斂・再編によって新しいビジネスチャンスがある」と述べた。

 米アドビ システムズの2007年度の業績見通しは、約30億ドル。すでに始まっている第1四半期(2006年12月~2007年2月)は6億4000万~6億7000万ドルの売上を目指す。

「Apollo」のリリースは2007年後半を予定

アドビ システムズが今年後半にリリースを予定している「Apollo」

アドビ システムズが今年後半にリリースを予定している「Apollo」

 2007年度にアドビ システムズがリリースを予定している製品のうち、特に注目されているのがリッチクライアントの実行環境である「Apollo」だ。

 Apolloは、Windows/Mac OS/Linux上で稼動し、HTML、Ajax、Flash、PDFを使ったデスクトップ上で動作するアプリケーションを開発できる。ブラウザを利用したWebアプリケーションに比べ、ウィンドウの形状やキーの割り当てを自由に変更でき、ファイルシステムや外部デバイスへのアクセスなどのOSの機能を利用できる「脱ブラウザ」が特徴だという。また、開発者にとっても、これまでのWebアプリケーションの開発スキルや過去の資産を利用できる点でメリットがある。

プロダクト&セールスエンジニアリング部プロダクトスペシャリスト 太田禎一氏

プロダクト&セールスエンジニアリング部プロダクトスペシャリスト 太田禎一氏

 同社のプロダクト&セールスエンジニアリング部プロダクトスペシャリストである太田禎一氏は、「ApolloはPDFとFlashを合わせた“エンゲージメント・プラットフォーム”を具現化した製品」と説明。「豊かなユーザーエクスペリエンスを、Windows/Mac/Linux上で同時に、しかも簡単に提供したいアプリケーションに適している」と述べた。実際の用途としては、グループウェアやメールクライアント、CMS(Contents Management System)、ファイルアップローダやフォトビューア、メッセンジャーなどが想定されているという。

 この日のデモでは、米イーベイのWebサービスのAPIを利用したネットオークション用クライアントが紹介され、ドラッグ&ドロップでウォッチリストに追加したり、PCに接続されたカメラから商品画像をアップロードする様子などが披露された。

Apolloを使ったオークションクライアントのデモ。WebカメラからeBay出品用の画像をアップロードしている。

Apolloを使ったオークションクライアントのデモ。WebカメラからeBay出品用の画像をアップロードしている。

 Apolloの提供開始は今年後半を予定。開発環境としては、Flex Builder、Flash、Dreamweverなど、既存のアドビ製品の対応を予定しているとのことだ。

■関連サイト
アドビ システムズ
http://www.adobe.com/jp/

カテゴリートップへ

ピックアップ