このページの本文へ

あのCPUクーラー「KATANA(刀)」の後継モデルが近日登場!

2007年01月10日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヒートシンクが斜めに傾いているというサイズのCPUクーラー「KATANA(刀)」の後継モデルとなる「KATANA II(刀2)」が、来週18日から複数ショップで販売が開始される予定だ。

「KATANA II(刀2)」 「KATANA II(刀2)」
来週18日から複数ショップで販売が開始される予定のサイズ製CPUクーラー「KATANA II(刀2)」。「KATANA(刀)」の後継モデルとなる

 「KATANA(刀)」といえば、2本のU字型の銅製ヒートパイプがCPUヘッドに傾いて取り付けられているという一風変わったデザインが特徴のCPUクーラー。今回発売予定の「KATANA II(刀2)」ではその特徴的な形状が変更され、今度はアルミ製の放熱フィンが斜めとなった。
 もちろん、なんの理由もなくただ斜めにしたわけではない。サイズによると「6mm径×3本のヒートパイプに対して斜めに放熱フィンを取り付けることで、従来CPUクーラーで見られる垂直状態の放熱フィンよりも放熱面積が広がる」からだという。続けて「放熱フィンは下向きになっているので、マザーボードの基板上にも冷却ファンの風を当てることができる」という。
 その冷却ファンは同社の100mm角タイプ“風拾(KAZE-JYU)シリーズ”の製品で、1500rpm/22dB/42.69CFMという仕様の「KAZE-JYU静音(SY1025SL12M)」が付属。さらに“VFMS(Versatile Fan Mount System)”と呼ぶ汎用ファンマウンターを採用することで、25mm厚ならば全ての口径のファンに換装も可能だ。全体のサイズは105×82×149(H)mmで重量は535g。LGA775/Socket 478/754/939/940/AM2に対応し、同社製CPUクーラーでは初のクアッドコア対応をパッケージでうたう製品でもある。今日からサンプルが展示中の高速電脳とTWOTOP秋葉原本店、TSUKUMO eX.では、予価3280円で18日から販売予定だ。

斜め 斜め
3本のヒートパイプに対して斜めに放熱フィンを取り付けることで、従来CPUクーラーで見られる垂直状態の放熱フィンよりも放熱面積が広がるという
VFMS クアッドコア対応
“VFMS(Versatile Fan Mount System)”と呼ぶ汎用ファンマウンターを採用することで、25mm厚ならば全ての口径のファンに換装も可能に同社製CPUクーラーでは初のクアッドコア対応をパッケージでうたう製品となる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中