このページの本文へ

SAPジャパン、日本IBMとIBCSがBIで協業

2006年12月14日 00時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SAPジャパンと日本IBM、IBMビジネスコンサルティング サービス(IBCS)は、ビジネス・インテリジェンス(BI)分野において協業すると発表した。

■高速化ソフト「BI Accelerator」を推進

 SAPジャパンは、同社のBI製品「SAP NetWeaver BI」の処理を最大200倍まで高速化させる「SAP NetWeaver BI Accelerator」を提供している。今回の協業は、同製品の提供を推進する目的で行なわれるもの。

 協業により、IBMビジネスコンサルティング サービス(IBCS)は、BIスキルを保有するSAPコンサルタントで構成されるコアチームを現在の約10名から年内に約20名へ増強。日本IBMは、SAP NetWeaver BI AcceleratorとIBMのブレード・サーバ「IBM BladeCenter」を組み合わせたデモ/テスト/検証などを行なう「BIAソリューション・センター」を日本IBM箱崎事業所内に設置する。

 また、SAPジャパンは、IBCSへのスキル育成支援や、BIAソリューション・センターへの技術支援を行なうとしている。

■関連サイト
SAPジャパン
http://www30.sap.com/japan/
日本IBM
http://www.ibm.com/jp/
IBMビジネスコンサルティング サービス
http://www-06.ibm.com/services/bcs/jp/

カテゴリートップへ

ピックアップ