このページの本文へ

東芝、“dynabook Satellite AW6 グラフィック強化モデル”の光沢液晶搭載モデルの新機種を発売

2006年12月15日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は15日、Core 2 Duo搭載ノートパソコン“dynabook Satellite AW6 グラフィック強化モデル”の新機種として、CPUにCore 2 Duo T5500-1.66GHzを搭載し、ディスプレーに“Clear SuperView”(光沢)液晶パネルを採用したウェブオリジナルモデルを同日付けで発売すると発表した。512MBのメモリーを搭載した『PSAW61RDCTS4LG』、1GBの『PSAW61RDCTS4LG-A』、2GBの『PSAW61RDCTS4LG-2A』の3つのモデルをラインアップする。直販サイト“東芝ダイレクトPC by Shop1048”で販売する。価格は『PSAW61RDCTS4LG』が17万9800円、『PSAW61RDCTS4LG-A』が18万4800円、『PSAW61RDCTS4LG-2A』が22万9800円。

“dynabook Satellite AW6 グラフィック強化モデル”の新機種

“dynabook Satellite AW6 グラフィック強化モデル”の新機種

『PSAW61RDCTS4LG』は、チップセットに米インテル社の945PM Express、グラフィックスチップに米エヌビディア(NVIDIA)社のGeForce Go 7600(ビデオメモリー256MB)、メモリーにPC2-4200対応の512MB(DDR2 SDRAM)、HDDにシリアルATAの120GB(毎分5400回転)、光ドライブに片面2層書き込み対応のDVDスーパーマルチドライブ(DVD±R書き出し8倍速/DVD±R DL書き出し4倍速/DVD-RAM書き換え5倍速など)を搭載する。ディスプレーは、1280×800画素(WXGA)/1677万色表示の15.4インチワイド“Clear SuperView”液晶パネルを搭載する。『PSAW61RDCTS4LG-A』はメモリーを1GB(512MB×2)に、『PSAW61RDCTS4LG-2A』はメモリーを2GB(1GB×2)に増やしたモデル。メモリーが1GBのモデルは、(株)コーエーのオンライン海洋冒険ロールプレイングゲーム『大航海時代 Online』に必要なハードウェア仕様を満たしており、動作確認済みだという。

ネットワーク機能は、有線LAN(10/100BASE-TX)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g準拠)、56kbpsモデムに対応。インターフェースは、USB 2.0×4、IEEE 1394、アナログRGB(ミニD-Sub15ピン)、S-Video出力、ヘッドホン出力、マイク入力などを装備。拡張スロットは、ExpressCard/54(同/34対応)、PCカード(Type II)を備えている。メモリーカードスロットは、SDメモリーカード/MMC/メモリースティック/メモリースティックPRO/xDピクチャーカードに対応する。ステレオスピーカーも搭載している。

本体サイズは幅360mm×奥行き267mm×高さ36.8mm、重量は約2.8kg。電源はACアダプターまたは内蔵リチウムイオンバッテリーを利用し、バッテリー駆動時間は約2.0時間(JEITA測定法1.0)。OSはWindows XP Home Editionをプレインストールする。保証は1年間。

なお同製品はWindows Vistaへのアップグレードに対応しており、2007年3月15日までに同製品を購入すれば、アップグレードが優待価格で行なえる。価格はWindows Vista Home Basicへのアップグレードが4800円、Vista Home Premiumへは1万800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン