このページの本文へ

楽天リサーチ、2007年の抱負に関するインターネット調査の結果を発表

2006年12月27日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

楽天リサーチ(株)は27日、“2007年の抱負”に関するインターネット調査の結果を発表した。これは全国のモニター1000人(男女各500人)を対象に行なったもの。

2006年の振り返り

まず2006年の振り返りとして、“あなたは2006年の年初に、抱負をたてましたか?”という質問を行なったところ、38.7%が「はい」、61.3%が「いいえ」と回答。「はい」という回答者にその抱負が達成できたかを尋ねると、26.4%が「あまり達成できなかった」、24.9%が「ほぼ達成できた」と回答し、ほぼ同じ割合となった。

回答者の属性別に見ると、2006年に抱負を立てたという回答が最も多かったのが20代以下の既婚男性(70.0%)で、抱負を立てなかったという回答が最も多かったのが20代以下と30代の未婚男性(各68.6%、70.0%)だった。なお抱負を立てた20代以下の既婚男性の達成率を聞いたところ、「達成できなかった」と「あまり達成できなかった」の合計が60%弱となっている。

“あなたにとって2006年は何点でしたか?”という質問では、「50~59点」という回答が19.9%で最も多かった。以下、「70~79点」(17.6%)、「60~69点」(13.4%)などとなっている。

2007年の抱負

“2007年の抱負”に関する質問では、“仕事に関する抱負”“恋愛・家庭に関する抱負”“あなた自身に関する抱負”の3つと、“習ってみたい習い事”を尋ねた。また“行きたい海外旅行先”“行きたい国内旅行先”を尋ねた(いずれも複数回答可)。

“仕事に関する抱負”で最も多かった回答(「特にない/働いていない」を除く)は、「仕事内容を充実させる」で34.0%。以下、「キャリアアップ」(16.2%)、「成績を上げる」(11.7%)などとなっている。属性別に見ると、40代および50代以上の未婚女性で「仕事内容を充実させる」と回答した人がそれぞれ70.4%、50.0%だったのが目立ったという。

“恋愛・家庭に関する抱負”では、「喧嘩をしない」(17.8%)と「彼氏・彼女を作る」(16.3%)という回答がトップ2となった(「特にない」を除く)。「喧嘩をしない」という回答をしたのは20代の既婚女性(36.8%)をはじめ、既婚者に多かった。「彼氏・彼女を作る」と回答した人はほとんどが未婚層で、特に30代以下の男性と20代以下の女性が多かったという。

“あなた自身に関する抱負”で最も多かった回答は、「健康に気をつける」(45.0%)。以下、「貯金する」(36.1%)、「ダイエットをする」(23.1%)、「財テクをする(株・債権)」(20.2%)、「スポーツをする」(16.7%)などが続く。同社では回答者の“健康・お金指向”が現われた結果としている。

“習ってみたい習い事”で最も多かった回答は「語学系」(10.1%)。以下、「資格(ビジネス系)」(9.0%)、「資格(PC系)」(8.3%)などが続く。仕事やキャリアに結びつく習い事が上位になっているという。

“行きたい海外旅行先”で最も多かった回答(「特に海外に行きたいところはない」を除く)は「アメリカ」(22.7%)。以下、「イタリア」(22.0%)、「ハワイ」(21.7%)、「オーストラリア」(21.1%)、カナダ(17.3%)などとなっている。属性別に見ると、「アメリカ」「ハワイ」「カナダ」などの回答は20代の既婚男性に多く、「イタリア」は30代および40代の女性が圧倒的に多いという。

“行きたい国内旅行先”の回答(「特に国内に行きたいところはない」を除く)は「北海道」が50.0%、「沖縄」が40.4%と多く、以下、「九州地方」(24.6%)、「東北地方」(20.7%)などが続く。「北海道」と「沖縄」はすべての層に人気が高く、「九州地方」は40代の男女、「東北地方」は50代の既婚女性の間で人気が高かったという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン