このページの本文へ

セットになってお買得!? アタッシュケースに入れられた“CrossFire”セットが発売に!!

2007年01月16日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD(ATI)から“Radeon X1950 XTX”と“Radeon X1950 XTX CrossFire Edition”を搭載した2枚のPCI Express x16対応ビデオカードがセットとなった「Radeon X1950XTX Uber Edition/512MB/PC-E」が発売となった。パッケージに豪華なアタッシュケースを採用している。

アタッシュケース アタッシュケース
ダイヤルロック式のキーを備えた専用アタッシュケース。今までにもアタッシュケース入のPCパーツはあったが、今回のケースの出来は秀逸。かなり頑丈な作りで十分他の用途にも使えるほど出来は良い

 なにやらスナイパーライフルでも入ってそうなダイヤルロック式のキーを備えた専用アタッシュケースに入れられたこの製品。中にはコア/メモリクロックが670MHz/2100MHzにオーバークロックされた(標準は650MHz/2000MHz)“Radeon X1950 XTX”と“Radeon X1950 XTX CrossFire Edition”搭載カードやATIのイメージキャラクタ“Ruby”が描かれたゲーマー用の特大マウスパッド、ATI社長兼CEOのデイブ・オートン(Dave Orton)氏サイン入りのシリアルナンバーカード、ステッカーなどが入っている。
 まさにATIファン必見の豪華セットとなっており、販売しているクレバリー1号店では「『国内限定20本の特別限定プレミアムBOX』で当店でも限定少量販売です」とのこと。販売価格も11万5468円と、“Radeon X1950 XTX”と“Radeon X1950 XTX CrossFire Edition”搭載カードを別々に購入するよりややお買得。Radeonシリーズ最上位モデルで今からCrossFireに挑戦しようと考えているユーザーならば、かなりオススメのセットモデルと言えそうだ。

ケース内部 搭載カード
ケース内部の様子。小物入れも充実しているコア/メモリクロックが670MHz/2100MHzにオーバークロックされた“Radeon X1950 XTX”と“同 CrossFire Edition”搭載カード。別々に購入するよりややお買得だ
マウスパッド サイン
ATIのイメージキャラクタ“Ruby”が描かれたゲーマー用の特大マウスパッド、ATI社長兼CEOのデイブ・オートン(Dave Orton)氏サイン入りのシリアルナンバー用紙など特別限定プレミアムBOXならではの特典もある

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中