このページの本文へ

電子炊飯ジャー? いえいえコイン識別や貯金額がわかる“キモかわいい”ハイテク貯金箱です!

2007年01月16日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 i-Kiddoから、コイン識別や貯金額、貯蓄進度の計算表示ができる知能型デジタル貯金箱「I-PIGGY」と「I-PANDA」が登場した。製品はブタとパンダの2種類があり、電子炊飯ジャーのような形状の本体に、かわいらしい(?)ブタ、もしくはパンダの絵柄がプリントされている。

I-PIGGY/I-PANDA」パッケージ 「I-PANDA」
i-Kiddo製の知能型デジタル貯金箱「I-PIGGY」(写真左)と「I-PANDA」(写真右)キモかわいいパンダの絵柄がプリントされているが、パッと見は一人暮らし用の電子炊飯ジャーのようだ

 どう見てもかわいいというより、キモかわいい系の部類に属すると思われる製品で、対象年齢8歳以上ということだが、デザイン的に子供がこれを欲しがるかどうかは微妙と言わざるを得ない。むしろ女子高生などに人気が出そうな気がするが、きょうびの女子高生が、この製品で真面目に貯金するとも考えにくい。
 同社によると、「入れられたコインの額面を自動識別する、世界初のコイン識別機能(特許出願中)が搭載されている」とのこと。実際に硬貨を入れると額面によって異なるレジの音が鳴り、製品上部に設置されたLCDに現在の貯金額が表示される。このLCDは時計としても機能し、目覚ましアラームも内蔵しているなど、製品の外観とは裏腹になかなかのハイテク機能が備わっている。

LCD 頭に部分にはコイン投入口だけでなくLCDも搭載されている。目覚ましアラームのメロディーと共に、子供は目を覚まし、貯金のことを思い出すのだ

 さらに、5000円単位で目標金額が設定でき、現在の貯金額をもとに目標金額に対しどのくらい貯まったのかを、5段階のアイコンと5種類の激励メロディーで通知可能だ。例えば、目標金額の5分の1まで達すると、第1段階のスマイルアイコンが表示されるとともにメロディーが流れて励ましてくれるのだ。また、目標貯金額に達成すると祝いのメロディーが流れるという。キモかわいいブタやパンダにメロディーで励まされることで、大人の場合は返って貯金意欲が消沈することが懸念されるが、子供にとってはうれしい機能となるだろう。ただし、5000円単位でしか目標金額の設定ができないのは、子供にとっては厳しいハードルとなりそうだ。しかも、子供が目標金額前に貯金箱を開けてしまうのを防止するための鍵が付属しているという鬼仕様。子供に貯金をさせたい親にとっては、まさにうってつけのアイテムといえるが、子供にとっては、恐怖のお小遣い吸い取りマシンとなりそうだ。サイズは122(W)×150(D)×132(H)mmで、電源は単4形乾電池を3本使用する。価格はTWOTOP秋葉原本店で、ブタ柄の「I-PIGGY」とパンダ柄の「I-PANDA」ともに3480円となっている。

コイン取り出し口 コイン取り出し口は、付属の三角形のキーで開けられる。開けると貯金額と目標情報が自動的にリセットされる仕組みだ

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中