このページの本文へ

シリーズ初のRAID機能を搭載!「ドライブドア SATA BOX RAID」がセンチュリーから発売に

2007年01月19日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3.5インチSerial ATA対応HDDを最大4台収納可能な、コンパクトタワーケース「ドライブドア SATA BOX RAID(型番:EX35S4SB)」がセンチュリーから発売された。シリーズ初のRAID機能を搭載するのが特徴だ。

SATA BOX RAID SATA BOX RAID
3.5インチSerial ATA対応HDDを最大4台収納可能な、コンパクトタワーケース「ドライブドア SATA BOX RAID(型番:EX35S4SB)」

 「ドライブドア SATA BOX RAID」は同社の外付けHDDケースの人気シリーズ“ドライブドア”の新モデル。3.5インチSerial ATA対応HDDを最大4台まで搭載可能なほか、新たに「コンバイン」「ストライピング」「ミラーリング」「ミラードストライピング」「パリティ付きストライピング」といった各種RAID機能を搭載。製品にはPCI Express x1インターフェイスのeSATA対応カードが同梱。ポートマルチプライヤー対応なので、PCとの接続もeSATAケーブル1本で済む。
 キズや汚れがつきにくい特殊コーティングが施された筐体内部には、150Wの内蔵電源やブルーLED付き80mm角背面ファン(1600rpm)などを装備。付属品にはeSATAケーブルや専用ACケーブル、HDD用インチネジなどが付く。価格はZOA秋葉原本店で2万2800円、パソコンハウス東映で2万3800円、T-ZONE.PC DIY SHOPで2万4800円となっている。

SATA BOX RAID SATA BOX RAID
「コンバイン」「ストライピング」「ミラーリング」「ミラードストライピング」「パリティ付きストライピング」といった各種RAID機能を搭載PCI Express x1インターフェイスのeSATA対応カードが同梱されている
SATA BOX RAID SATA BOX RAID
ドライブはフロントから直接Serial ATAコネクタに直結させる背面。ポートマルチプライヤー対応なので、PCとの接続もeSATAケーブル1本で済む

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中