このページの本文へ

KDDI、災害時などで利用できる通信衛星を使った車載型無線基地局の導入を発表

2007年01月17日 00時00分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)は17日、地上通信回線のないところでも利用できる、通信衛星を利用した車載型無線基地局を本日から運用開始すると発表した。

この車載型無線基地局は、災害などによって携帯電話機の無線基地局や光ファイバーなどの地上通信設備が損傷した場合に、現地の設備に変わって運用するというもの。被災した現地に駆けつけて、携帯電話機による通話やメールのサービスをいちはやく復旧させるのが目的。

運用イメージ

車載型無線基地局の運用イメージ

無線基地局

信衛星対応の車載型無線基地局

なお、現在販売されている『A3011SA』(三洋電機(株)製)、『A3012CA』(カシオ計算機(株)製)の2機種は、出荷時の状態ではこの車載型無線基地局に対応しておらず、auショップなどに端末を持ち込み、内蔵ソフトウェアを書き換えることで利用可能になる。書き換えには本日から対応しており、料金は無料。書き換え期間として1週間ほど必要になるが、その期間内は代替機を無料で貸し出すという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン