ASCII.jp

拡大画像

“GLOBAL BEARING”平川紀道 (C)平川紀道 緯度と軽度で現在地を定義し、地面に向かって延長されたシャフト軸はそのまま地中を突き抜け、地球の反対側に到達する。スクリーン上にはバーチャルな地球が示され、足下に広がる広大な球体=地球を大いに意識することができる

記事に戻る