ASCII.jp

拡大画像

South bridgeに取り付けられたヒートシンクは独特のカラーリングが施されている。またSerial ATA IIはICH7Rによる4ポートとJMicronチップによる1ポートと変則的な作りとる

記事に戻る