ASCII.jp

拡大画像

型番末尾の“WS”が示すとおりServer/WorkStaion向けのマザーボードとしてラインナップされているがATI“CrossFire”にも対応するなど、自作ユーザーにとっては魅力的なスペックに

記事に戻る