ASCII.jp

拡大画像

もう一度筆者が発声。気を付けて発声したのだが、今度は「声が大きすぎる」と候補も表示されなかった。周囲は3~4回で認識されているようだったので、地声が大きいのかもしれない

記事に戻る