ASCII.jp

拡大画像

“キネティックノベル”販売形態とDRMシステムを使ったコンテンツ/ライセンスキーの流れ

記事に戻る