ASCII.jp

拡大画像

“マジックカップ”の操縦風景。別に手品をやっているわけではなく、HMDには3Dの立体地図が描かれており、ビルを増やしたり光源の位置を調整しているところ

記事に戻る