ASCII.jp

拡大画像

ソニーが展示していた2足でも4足でもない球形ロボット『Q.taro(キュータロー)』。当然ながら転がって移動するが、台の端から落ちたりしない。赤外線や光、磁気など32個のセンサーを持ち、手を近づけるとその手に向かって移動したり光ったりする“ヒーリングクリーチャー”とか

記事に戻る