ASCII.jp

拡大画像

早稲田大学ヒューマノイド研究所の『i SHA(アイシャ)』。人間とロボットのコミュニケーションの仕組みの研究用プラットフォームとして制作したもの。26自由度を持つ

記事に戻る