ASCII.jp

拡大画像

ソニーの小型2足歩行エンターテインメントロボット『SDR-4X』。SDRはSony Dream Robotの略。2000年に発表された『SDR-3X』から本体デザインも大きく変わった。このデザインは社内外のデザイナー参加によるデザインコンテストを実施し、当選したものを採用したという。「デザインを人間に近くするとかえって不気味になるので、あえて宇宙人ぽいデザインにしました」(土井氏)。でも、ちょっと顔が怖いかも……。三つ目だし。下の2つの目にはそれぞれCCDカメラを搭載しており、上の“三つ目”の正体は測距センサー

記事に戻る