ASCII.jp

拡大画像

『SDEIR』を取り囲む子供たち。会場の『SDEIR』は、子供たちの質問に対してさまざまな回答をしていたが、これは音声認識しているわけではなく、テーブルの下にもぐりこんだ係員が、必死で答えているのだ

記事に戻る