ASCII.jp

拡大画像

『Robovie』とのコミュニケーション。会場では周囲の騒音のためか、なかなか音声認識がうまく作動してくれなかった

記事に戻る